どのクリニックで受けるか

注射

受付嬢の対応をチェック

美容目的でのボトックス注射は自由診療のため、サービスに力を入れているクリニックは多いです。まず看板となる受付嬢を見れば、クリニックの良し悪しがある程度分かります。良い対応のできる受付嬢がいるクリニックには腕の良いドクターがいると言っても、あながち間違いではありません。ドクターの腕が良ければ顧客満足度が高まってクリニックが明るくなり、結果的に受付嬢にとって働きやすい職場になるという相乗効果が現れてくるものです。そして、実際に施術を行ってくれる医師と話をして、人となりを確認してください。患者に対して真摯な態度かどうかというのは重要なポイントです。美容医療は緊急性のない施術を行う医療なので、経営重視のクリニックもあります。真剣に患者の悩みに寄り添って希望を聞いてくれるか、また希望の施術が本人に適切でないときは正直に言ってくれるか、というのもチェックします。ボトックス注射は半永久的な効果をもたらす外科手術ではありませんが、失敗すると何ヶ月か不快な気持ちで過ごさなくてはいけませんし、費用も決して安くありません。望ましいのは筋肉などの構造や生理機能について熟知している医師です。形成外科学会の専門医に認定されている医師は、目安の一つになります。美容クリニックでボトックス注射を打つときは、まず予約を入れてカウンセリングを受けます。カウンセリングで医師の人となりや経歴、症例数などを確認して、任せられると思ったら、その日の内に施術が可能です。医師とのカウンセリング後は看護師などの他スタッフが替わって施術の詳しい説明などが行われるのが一般的です。副作用や注意点などにも納得したら、治療申込書にサインし、料金を支払います。ボトックス注射に使われる注射針は極細で、痛みはほんのわずかだと言われています。しかし、痛みに敏感な人は麻酔クリームや麻酔テープなどで麻酔を効かせてから施術することも可能です。また、特別痛みに弱い人は笑気麻酔を利用することもあります。ボツリヌストキシン製剤は多数の製薬会社から発売されており、安価なものから高価なものまで様々ですが、多くのクリニックに採用されているのは品質に定評のあるボトックスです。安価なボツリヌストキシン製剤も用意しているクリニックでは、タッチアップを行えるのはボトックスのみという場合が多いです。タッチアップとは注射後1週間経っても効果が現れない場合に通常無料で最施術できるというサービスで、保証制度と謳っているところもあります。タッチアップの際も予約してから来院しましょう。

Copyright© 2018 小顔になれるボトックス注射【体に負担がかからないボトックス】 All Rights Reserved.