施術前に知っておく事

男性医師

薬剤の種類や費用の背景

ボトックス注射はボツリヌストキシンを気になる部位に注入するだけの簡単な施術です。その為手軽で美容整形の中でも手術を行わないので、比較的費用も低いです。費用は一律ではなく、薬剤の種類やクリニック毎の設定により多少の差はでてきます。薬剤の種類ですがボツリヌストキシン以外を注射する事はありません。その種類とは正規品かジェネリックになります。ジェネリックは先発薬の特許が切れた後に、その会社以外で開発・製造が解禁され作られた後発薬です。費用も正規品より安く、効果も同じ特徴があります。効果も成分も同じなのですが費用は安く、正規品の半額以下で受ける事ができます。美容業界では正規品であるアラガン社製は、世界中で使用されている実績から高品質とされており、ジェネリックより高く1部位8000円程が相場となっています。ジェネリックは3500円程が相場であり、クリニックによっては扱っていない場合もあります。ボトックス治療を受けられるクリニックの大半はホームページで情報を掲載していますので、事前に取扱いをしているかを確認する事ができます。ボトックス治療と呼ばれていますが、保険適用外の治療でありクリニック毎に自由に料金を設定できます。しかし全国平均から大きく外れた設定をすると利用者が来店しない事から、大きく外れた設定をしているクリニックはありません。アンチエイジングや小顔などその効果は多岐にわたるボトックスですが、全ての悩みに対応できるかと言えばそうではありません。作用するメカニズムから、筋肉の発達や緊張が原因のしわや大きく太く見える事を改善する事ができます。その為、原因が骨格や脂肪の場合は思った効果を得られません。利用する場合、自分の悩みに適しているかを医師に確認してもらう必要があります。ボトックス注射を受ける場合、クリニックは事前にカウンセリングを行いますので、ボトックスで改善できるか否かは事前に自分で調べる必要はありません。初めて利用する方が知っておく事は薬剤の種類についてです。ボトックスは世界中で使用されており副作用のない安全な治療方法として確立されています。日本でも厚生労働省が安全性を認めているのですが、全てのボツリヌストキシンを認めているわけではありません。唯一認めているのはアラガン社製のボツリヌストキシンであり、ジェネリックについては安全性を認めていません。ジェネリックは正規品と同一成分で効果も同じですが、安全性の面では実績も少ない背景があります。様々な国で製造されているので、場所によっては不純物が混入している可能性もあります。基本的にジェネリックを取り扱っている美容整形外科では、安全が保証されている薬剤を使用しています。費用も安いですが、ボトックス注射の薬剤の選択は事前に以上の事を知った上で選択する事が大切です。

Copyright© 2018 小顔になれるボトックス注射【体に負担がかからないボトックス】 All Rights Reserved.